トップ 差分 一覧 ソース 検索 ヘルプ RSS ログイン

unity_script_draw_texture2d

Texture2Dへの描画


Texture2Dへの描画は、「テクスチャの作成」も参照のこと。
基本的にはピクセルの色指定を単一で行うかまとめて行うか、の関数しかないため、描画の手間を省くためにユーティリティークラスを用意。

  • 点を描画
  • ラインを描画
  • 矩形枠を描画
  • 矩形塗りつぶしを描画

の機能だけを持つシンプルかクラス「DrawTexture2D」です。

ファイル : DrawTexture2D.cs(890)

 使用例


DrawTexture2D.csをassetとして追加して、以下のC#コードを記述。

// Texture2Dの作成.
int width  = 256;
int height = 256;
Texture2D m_texture = new Texture2D(width, height);

// テクスチャ描画クラスの作成.
DrawTexture2D m_drawTex2D = new DrawTexture2D();

m_drawTex2D.Begin(m_texture);   // テクスチャへ描画開始.
m_drawTex2D.Clear (new Color(0.0f, 0.2f, 0.0f));
m_drawTex2D.DrawRectangleFill(10, 10, 60, 60, Color.gray);
m_drawTex2D.DrawRectangle (0, 0, width - 1, height - 1, Color.green);
       
for (int i = 0; i < 100; i++) {
    Color col = new Color((float)Random.value, (float)Random.value, (float)Random.value);
    int x1 = (int)(Random.value * 255.0f);
    int y1 = (int)(Random.value * 255.0f);
    int x2 = (int)(Random.value * 255.0f);
    int y2 = (int)(Random.value * 255.0f);
    m_drawTex2D.DrawLine(x1, y1, x2, y2, col);
}
m_drawTex2D.End();              // テクスチャへ描画終了.

これでm_textureに対して以下のように描画が行われる。