トップ 差分 一覧 ソース 検索 ヘルプ RSS ログイン

unity_cs_string

文字列処理

文字列はstringで管理。

 文字列の連結

「+」で連結する。

String str = "value = " + "xxx";

 文字列の長さを取得

string str = "abcdefg";
int len = str.Length;

この場合は7が返る。

 数値を文字列に変換

string str = string.Format("{0}", 20);

とすることで、数値を文字列に変換。結果「20」となる。

string str = string.Format("{0, 4}", 20);

とすると4ケタの数値で表現。結果は前にスペースが2つ入り「 20」となる。

string str = (0.235).ToString();

としてもよい。この場合は浮動小数点を文字列に変換している。結果は「0.235」となる。

string str = (0.235).ToString("F2");

とすると、浮動小数点以下が2桁に制限される(四捨五入)。結果は「0.24」となる。

 文字列を数値に変換

int i = int.Parse("100");
float fDat = float.Parse("100.5");
double dDat = double.Parse("100.5");

 文字列内の文字/文字列を検索

string str = "abcdefg";
int iDat = str.IndexOf("c");

で、指定の文字列内の文字(文字列指定でもよい)を検索。戻り値は見つかった文字列のインデックス。上記の場合は2が返る。
存在しない場合は-1が返る。

 文字列の後ろから文字/文字列を検索

string str = "abfcDEfg";
int iDat = str.LastIndexOf("f");

LastIndexOfで後ろから検索。この場合は6が返る。

 文字列の取り出し

string str = "abcdefg";
string str2 = str.Substring(2, 3);

Substringで、指定のインデックスから指定の文字数分を取り出す。この場合は「cde」が返る。

 大文字に変換

string str = "abcdefg";
string str2 = str.ToUpper();

この場合は「ABCDEFG」が返る。

 小文字に変換

string str = "ABCDEFG";
string str2 = str.ToLower();

この場合は「abcdefg」が返る。

 指定の文字列を置き換え

string str = "ABCDEFGABCDEFG";
string str2 = str.Replace("CDE", "cde");

この場合は、Replaceの第一引数の文字列を第二引数のものに置き換え。
str2には「ABcdeFGABcdeFG」が返る。

 指定の文字で分割

string str = "AB CDE FGHI";
string [] strArray = str.Split(' ');

Split関数の第一引数で分割の文字を指定すると、戻り値としてstringの配列が返される。
上記の場合は、「AB」「CDE」「FGHI」の3つが配列に入る。


最終更新時間:2014年04月19日 17時48分23秒